クラウド工房 Powered by Amazon Web Services

  • 03-3342-9620
  • 受付時間 9:00~18:00 定休日:土日祝

クラウド工房 Powered by Amazon Web Services

menu
9:00~18:00(平日)

Oracle DB 災害対策 ソリューション for AWS

Oracle DB 災害対策 ソリューション for AWS

Oracle DB 災害対策 ソリューション for AWSとは

クラウドの利点を活かした、Oracle Databaseのバックアップ・災害対策ソリューションです。

こんなことでお困りではありませんか?

  • コストを抑えて、安全なOracle Databaseの災害対策を取れないか?
  • 災害時、Databaseの復旧時間にどのくらい時間がかかるのか?
  • Oracle Standard Edition/Standard Edition Oneで高機能なバックアップ、災害対策はないのか?

このような効果があります

  • DRサイトにAWSを利用することにより、HWなどの初期コストを軽減し安全性が大幅に向上します。
  • RTO(復旧時間目標) と RPO(復旧時点目標)の短縮を低コストで実現し、Oracle Databaseの災害対策としての活用が可能です。

構成イメージ

DR_Solution

Standby Expressとは

株式会社ワイ・ディ・シーが開発した、Oracleデータベースに特化した低価格な災害対策(ディザスタリカバリ)・バックアップ・DB移行に最適な製品です。

Standby Expressの主な特長

  • Oracle SE/Oracle SE Oneで実現できるため、コストを大幅に抑えることが可能です。
  • 本番がダウンしても、待機側を本番として運用することができます。
  • 万一本番データベースが全損しても、データロスを最小に抑えることができます。
  • 待機系データベースを遠隔地に配置しておくことで、災害対策として威力を発揮します。
  • 仕組みがシンプルなためトラブルが少なく安心して利用できます。
  • 本番システムへの負荷が少ないバックアップ方式です。
  • 読取り専用時間帯を指定することで、バックアップ用途だけでなく、検索専用のデータベースとしても利用できます。
    <読取り専用で起動中は、差分の同期(アーカイブ・ログの転送/適用)ができません>
  • スイッチ機能で本番とスタンバイを入れ替えることができるので、計画停電対策や切換え訓練に利用できます。
  • GUIコンソールより、操作可能。運用が容易です。

パンフレット

クラウド工房 Oracle DB 災害対策 ソリューション for AWSのご紹介(PDF)

ご利用料金

ライセンス/保守費用110万(税別)~(Standby Express ライセンス)/24.2万(税別)~(年間保守)
※DBの構成によって金額が変動いたします。Standby側に別途Oracleライセンスが必要になります。
詳細はお問い合わせ下さい。
構築費用90万円(税別)~
※上記は、本番環境がOracleシングル環境で稼働していることが前提となります。RAC構成等の場合は、別途お見積りさせていただきます。
AWS環境構築は、本お見積りに含まれております。別途、AWS利用料金が必要になります。
対象システムOracle Database Server (Enterprise Edition/Standard Edition/Standard EditionOne)
システム要件OS ⇒ Linux、UNIX、Windows
DB ⇒ Oracle Database 10.2.0.1 以降(ASM/RAC対応)
納品物パラメータシート
テスト仕様書兼結果報告書

お問い合わせ

・お問い合わせフォームはこちら

・電話でのお問い合わせはこちら
株式会社システムサポート クラウドコンサルティング事業部
03-3342-9620


ニュース&ブログ

トピックス

∧