クラウド工房 Powered by Amazon Web Services

  • 03-3342-9620
  • 受付時間 9:00~18:00 定休日:土日祝

クラウド工房 Powered by Amazon Web Services

menu
9:00~18:00(平日)

AWS ジャパンツアー 2014 夏 名古屋 へ参加しました。

関東圏ではスタンダードとなりつつあるほどのHOTなAWSも、名古屋ではまだまだ浸透していないのが現状です。(HOTなのは名古屋特有の湿気を含んだ空気のみです。。。)
ユーザ様のシステム部門でも、コスト削減や運用効率化などをキーワードに、有用なものであると認識はしていただいているのですが、いざっ!となるとなかなか一歩が踏み出せないように感じます。

このような地域独特の悩みではありますが、この現状をアマゾン様はしっかりと認識してくれており、今回こんなイベントを開催してくれました!

「AWSジャパンツアー2014夏 ~ニッポンにクラウドを~」
blog_11_01

これは名古屋だけでなく、札幌、大阪、福岡と日本を縦断して、全国的にAWSを盛り上げていこう!という、地方の技術者には嬉しいイベントとなります。
トップバッターの名古屋が8/1(金)に開催され、参加してきましたので、その様子をレポートいたします!

 

早速ですが、我がSTS軍団会場入り。ちょっとやる気が出すぎていたのか、一番乗りしちゃいました。

blog_11_02

各席にはパンフレットやアンケートに加え、アマゾン様からのプレゼントが!
ステッカーはおなじみですが、なんと金太郎飴が入っていました!
クオリティの高さにアマゾン様の意気込みが感じられます!
blog_11_03

時間の経過とともに、ぞくぞくと参加者が入場してきます。
今回の参加予定者はなんと150名!やはり、名古屋でもAWSの知名度は確実に上がってきております!
blog_11_05

 

そしてついにイベント開始の時間となり、気がつけば満員御礼!!
スタートはアマゾン様のエバンジェリスト、アーキテクトによる、AWSを利用することのメリットやコスト、セキュリティの考え方などをお話しいただきました。参加者も興味津々に耳を傾けております。
blog_11_09

アマゾン様からのお話が終わり、次に各ベンダによる地元のAWS事例紹介が始まります。
実は今回のイベント、各ベンダによるAWS事例紹介が中心となり、地方のAWS導入の敷居を下げることを目的としております。弊社も講演の枠をいただいており、本ブログでおなじみの山口(DBやRedShiftが得意)が登壇することになったのです!

弊社の発表は、関東・中部・北陸での事例とともにAWS移行の考え方やバックアップソリューションを紹介しつつ、今回のイベントの本質となる「名古屋に専属の部隊があることによる強み」を地場のお客様にアピールさせていただきました。
blog_11_10

発表後は各ベンダのアピールや質問のための場として、簡易的なブースも作っていただきました。
ブースでは、マイクでSTSをアピールする当事業部マネージャと、発表が終わりホッと一息な山口、名古屋エリア担当営業の3人で対応させていただき、おかげさまで数社からお声がけいただきました。
blog_11_11

今回のイベントで、中部地区でもAWSに関心を持つお客様はたくさんいるのだなと肌で感じることができました。関心を持っていただいたお客様にAWSを有効活用していただけるよう、また、もっと多くのお客様にAWSを利用していただけるよう、弊社は日々活動しております。
AWSに興味があるお客様、検討はしているがなかなか導入に踏み切れず悩んでいるお客様、ぜひ弊社にご相談ください!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クラウド工房管理者

クラウド工房管理者


ニュース&ブログ

トピックス

∧