クラウド工房 Powered by Amazon Web Services

  • 03-3342-9620
  • 受付時間 9:00~18:00 定休日:土日祝

クラウド工房 Powered by Amazon Web Services

menu
9:00~18:00(平日)

Oracle 便利SQL帖 その3 今の日付(関数の呼び出し)を確認する

Oracle 便利SQL帖 その3 今の日付(関数の呼び出し)を確認する

DUAL

DUAL表はOracle Databaseによって自動で作成されるテーブルで、SYSスキーマの持ち物になっています。ただし、全てのユーザからアクセスが可能となっています。DUMMYと言うカラムだけで構成されており、「X」と言う1レコードだけ存在します。一般的に関数の呼び出しや確認に使用されます。

実行例

実際にDUAL表を用いて現在の日付を表示します。

SQL

実行結果

また、sysdate関数はdate型のデータなので、以下の方法で、nls_date_formatを指定する事で日時まで表示が可能です。

SQL

実行結果

コラム DUAL表を利用したSQLの実行計画

DUAL表を利用したSQLの実行計画は少し特殊です。あまり見る事はないですが、Databaseのチューニングなどを行う場合の参考にしてください。
例えば先ほどの紹介したSQLの場合実行計画は以下の通りです。

上記の通り、DUAL表へのアクセスはFAST DUALへのアクセスへと変更されます。(ブロック読込はない模様)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山口正寛(1984年生まれ おうし座/2013年入社)

山口正寛(1984年生まれ おうし座/2013年入社)

株式会社システムサポート 東京支社 クラウドコンサルティング事業部所属。
AWSソリューションアーキテクト。
社内では主に、データベース(特にOracle、Redshift)を担当。DBA、コンサルタントなどを経験。最近減量中。

株式会社システムサポート 東京支社 クラウドコンサルティング事業部所属。
AWSソリューションアーキテクト。
社内では主に、データベース(特にOracle、Redshift)を担当。DBA、コンサルタントなどを経験。最近減量中。


ニュース&ブログ

トピックス

∧